line
お電話でのご相談はこちら 0985-20-1317 10:00-19:00
MAP

オンライン査定

よくあるご質問

はじめての方へはじめての方へ 取扱アイテム取扱アイテム 買取について買取について 店舗一覧店舗一覧
0985-20-1317 10:00-19:00
MAP
line

家電

2021.12.06 新見

撮像素子にはどんな種類がある?

撮像素子において
最も多くのデジタル一眼に採用されているのが
「APS-Cサイズ」です。
「フルサイズ」はハイエンド機、
「マイクロフォーサーズ」はミラーレス一眼に
それぞれお多く採用されています。

一方、コンパクトデジタルカメラにも
「1/2.3型」や「1/1.7型」など
さまざまな撮像素子があります。

一般的には同じ画素数であれば、
撮像素子が大きいほど、
階調表現や高感度描写に優れています。

ただし、実際に画素数は違いますし、
レンズの特性を含めた画像処理を
行うことにより画質を高めているので、
一概には言えません。

大きなサイズの撮像素子ほど
製造コストが高く、カメラも高価になります。
また、高性能なレンズを選ばないと
画面周辺部の画質劣化が目立ちやすいといった
問題もあったりするので、
撮像素子が大きいほど良いとも言い切れないのです。

フルサイズに比べて
APS-Cサイズは画質のイマイチな
周辺部がカットされるので
レンズの悪さが目立たないんです。

一長一短があるので
「大きい=良い」ではないことに
注意した方がいいでしょう。

 

 

……つづく

 

 

 

 

 

リサイクルショップミキでは
カメラの買取をお待ちしております。

デジタル一眼レフ、
ミラーレス一眼はもちろん、
コンパクトデジカメや
フィルムカメラ、
レンズやストロボも大歓迎!

お気軽にご相談ください。