line
お電話でのご相談はこちら 0985-20-1317 10:00-19:00
MAP

オンライン査定

よくあるご質問

はじめての方へはじめての方へ 取扱アイテム取扱アイテム 買取について買取について
0985-20-1317 10:00-19:00
MAP
line

家電

2021.12.13 新見

電子レンジの選び方 その④

センサー搭載でしっかり加熱

モデルによってセンサーが備わっているモノがあります。
センサーの有無や種類、精度が、加熱や解凍の
ムラに影響しがちです。
あたためなおしを減らしたい場合は、
どのようなモノが搭載されているか
チェックしてみるといいです。

センサーは主に4種類あり、
高性能なモノほど多くのセンサーを
搭載している傾向があります。

赤外線センサー
最近の上位モデルに多く搭載されているセンサー。
食材からでる赤外線量で食材の表面温度を
測って加熱温度を微調整したり、
食材のグラム数を検知したりします。

温度センサー
庫内の温度を測って加熱温度を決めるセンサー。
測定するのは食材ではなく庫内の温度なので、
グリルやオーブンを使うときに大事なセンサーです。

蒸気センサー(湿度センサー)
食材を加熱したときに蒸発した水分量で
焼き具合を判断するセンサーです。
蒸気を感知する必要があるので、
加熱のしすぎを防ぐためにラップは
使わずに加熱します。

重量センサー
ターンテーブルの上にのせた食材の重さで、
加熱度合いを決定するセンサーです。
重い食器を使用すると重量を誤認して
加熱しすぎてしまうことがあります。

 

 

最高出力・最高温度

電子レンジはモデルによって
最高出力や最高温度が異なります。
出力のワット数が大きいほど短時間で
食材を加熱できるのが特徴。
あたためのみなら、
一般的に500~600W以上の出力
あれば問題ありません。

オーブンレンジやスチームオーブンレンジで
オーブンやグリル機能を活用したい場合には、
最高温度をチェックしましょう。
最高温度250℃以上のモデルであれば、
さまざまな調理に対応可能です。
庫内温度を高く設定できるモデルほど、
予熱時間の短縮やパンを
生地から焼く場合などに重宝します。

 

 

……つづく

 

 

 

リサイクルショップミキでは
生活家電品のお取り扱いをしております。
県内でも随一の品揃えを誇る白物家電の在庫です。
買取もお待ちしております。
お引越しや整理の際には
ぜひご相談くださいね!(^^)!